襟裳岬 (日本版)歌词 邓丽君

襟裳岬
作词:冈本おさみ 作曲:吉田拓郎
编曲:森冈贤一郎
演唱:邓丽君

北の街ではもう 悲しみを暖炉で
燃しはじめてるらしい
わけのわからないことで
悩んでいるうちに
おいぼれてしまうから
黙りとおした歳月を ひろい集めて
暖めあおう
襟裳の春は 何もない春です

君は二杯めだよね コーヒーカップに
角砂糖ひとつだったね
舍ててきしまった
わずらわしさだけを
くるくるかきまわして
通りすぎた夏のにおい 想い出して
なつかしいね
襟裳の春は 何もない春です

日々の暮らしはいやでも やってくるけど
静に笑ってしまおう
いじけることだけが
生きることだと
かいならしすぎたので
身构えながら 话すなんて
アー臆病なんだよね
襟裳の春は 何もない春です
寒い友达が 访ねてきたよ
远虑はいらないから 暖まってゆきなよ

– L.F –

本页为您提供::歌词找歌名 » 襟裳岬 (日本版)歌词 邓丽君

'); })();